Tsukiakari no hanashi shu

Tsukiakari no hanashi shu
月あかりのおはなし集
Autor: Alison Uttley

Sinopse – Tsukiakari no hanashi shu – 月あかりのおはなし集 – Alison Uttley

ネズミにつかまって働かされるマルハナバチ、いたずらものの影法師、子豚を売りに行ったデッコン少年、鳥かごにとじこめられた妖精、びっくり箱じいさん……。なんとなんと素敵なお話なのでしょうか。このお話集の6話は、今から60年も前にイギリスの作家のアリソン・アトリーという女性が書いたものです。イギリスの子どもたちがぼろぼろになるまで読んでいた本が、初めて日本で訳されたのが、この『月あかりのおはなし集』なのです。こだまともこさんの優しい翻訳に、海外で活躍しているいたやさとし氏のイラストがたっぷりついています。アトリーは、本当にファンタジーの紡ぎ手ですね。


Tsukiakari no hanashi shu – 月あかりのおはなし集 – Alison Uttley

Por favor, compartilhe este livroShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

A informação nesta página está disponível apenas para referência.
Você pode comprar ou baixar este livro online - amazon.com.br